飲食メニュー開発

 地域外からの長期滞在者による交流人口の増加と地域内の消費を図るため、地域の有害鳥獣であるエゾシカの肉を活用し、国内外の観光客に向けた新たな店舗メニューを開発し提供することにより、地域資源の活用と地域内の消費、旅行者による国内外への情報発信を通じたリピーターや新規顧客の獲得による交流人口の増加を図ります。
 成果物は、試食会の開催を通じてブラッシュアップを実施し、雇用創出実践メニュー成果物公開セミナーの開催を通じて、地域内の飲食業への普及を促し、高付加価値化と雇用創出を目指します。