観光商品開発

 釧路は湿原、丹頂鶴、夕日など国内での知名度の高い資源があるが、クルーズ船の短期上陸などの外国人旅行者が来訪した際、空き時間を利用した気軽な観光商品が少ないことでインバウンド消費の機会ロスをしていることが課題となっていることから、インバウンドの視点に立って既存の資源の見直しを行い、1時間、2時間、3時間コースなど時間軸を前提とした観光商品開発を行い、雇用創出実践メニュー成果物公開セミナーの開催を通じて地域内の観光業等への普及を行い、インバウンド消費の向上による雇用創出を目指します。